北海道幌加内高等学校
北海道幌加内高等学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。
幌加内高校では、農業の六次産業教育を柱に、学校と産業現場が一体となった実学・産業教育を展開、地域の一員として地域社会で活躍できる人材育成に努めています。
六次産業教育を柱に
一次 (生産)×二次 (加工・製造)×三次 (流通・販売)の一体化や連携によって地域を活性化させ、新たなビジネスを創出することを六次産業化と呼び、これからの新しい産業構造の形として注目を集めています。
本校ではいち早く農業の六次化に取り組み始め、農業高校の強みを活かした「六次産業化概論・実践」の科目を全国で初めて開講しました。
地域社会で活躍できる人材育成
生徒に正しく勤労観を身につけさせ、卒業後の進路選択に役立てるため、5日間の就業体験 (インターンシップ)を実施しています。
大学・専門学校・民間企業と連携し、レベルの高い様々な授業を展開しています。
特色ある教育内容
幌加内町が作付面積・生産量ともに日本一を誇るそばを活かした全国唯一の科目「そば」の授業を、平成14年度から行っています。生徒全員が素人そば打ち段位認定制度 (主催:全麺協)のもと、段位取得を目指してそば打ち技術の取得、向上に日々励んでいます。
また、そば打ちだけでなく、そばの栽培、調理、そば店経営など、そばを多方面から学習します。
学内で生徒が育てた農作物・加工品を販売!
幌高商店会
幌高商店会は「そば処幌高」「ベーカリー幌高」「幌高商店」の3つの店舗に分かれ、学内で育てた農作物・加工品を販売いたします!

ギャラリー

幌加内高校での様子をご紹介します。

Facebook

最新情報は幌加内高校公式Facebookでチェック!
Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

あいつ今何してる ~幌高version~ ⑤

昨日に引き続き、フェスで対応してくれた卒業生を。今年3月に卒業した藤井夏麗さんに話を伺いました。現在は拓殖大学北海道短期大学保育学科に進学し、保育士になることを目指しています。幌高ではそば局の局長を務め、第9回全国高校生そば打ち選手権大会で個人・団体ともに優勝を果たしました。おかげで「日本一の女子高生」としてTV番組にも出演し、幌高の知名度アップに貢献してくれました😊

Q 出身中学校は?
A 北竜町立北竜中学校です。おばあちゃんがそば打ちをやっていて、自分もそば打ちをやりたいと思って幌高を選びました。わたしはおばあちゃんには高校時代に色々と心配をかけたので、早く恩返しがしたいと思っています。
Q 高校時代の一番の思い出は?
A 全国高校生そば打ち選手権大会で優勝できたことです。団体では3連覇がかかっていたので、自分の代で負けるわけにはいかないと思っていました。正直に言うと実は私、1年生の時そばを打つことが嫌いでした。しかし、そば局に憧れの先輩がいて自分がそばと向き合うきっかけを作ってくれました。
Q 優勝までの道のりで苦労はあった?
A 3年生は私一人だったので後輩をまとめることに不安がありました。しかし顧問の先生が信頼できる方でどんなことにも相談に乗ってくれたので、助けられました。先生は自分の技術について何度も話し合いをしてくれたし、ミスがあった時はそれをノートに書いて繰り返さないように気をつけました。
Q あなたにとって幌高の魅力とは?
A 頑張った分だけ目に見えて成長ができる学校だと思います。少人数だからこそ一人ひとりの役割や期待が大きいので、頑張ることができます。先生方も寄り添ってくれるし。あと、寮生活で規則正しい生活習慣が身につくことですね。私は放っておいたら昼夜逆転の生活を送ってしまうので😁
Q 高校時代の経験が今の自分に生かされていると思うことは?
A そば打ちと真剣に向き合うことで、自分も成長できたと思います。特に人と接する時にはしっかりと相手の話しを聞き、自分の考えに固執しないようになりました。
Q 大学ではどんな授業をしている?
A 昨日まで保育園で実習をしていました。学校は6月から再開されましたが、休校期間の授業を組み込まれています。夏休みも短かったし、土曜日に授業もあるので結構大変です😅
Q なぜ保育士を志望している?
A もともと小さい子どもが好きで、子どもの面倒を見るのが好きだからです。自分が保育園に通っていたときの先生の影響もありますね。
Q どんな保育士になりたい?
A もちろん、そば打ちができる素敵な保育士を目指しますよ。また、子どもの人格形成の援助ができる保育士になりたいですね。
Q 高校生に一言を
A やる気さえあれば誰でもそば打ちはできる!そば打ちは人を成長させる✌️
... See MoreSee Less

Comment on Facebook

私は、小・中・高と、学校が嫌で仕方なかったのですが、幌高みたいなところだったら、喜んで通っていたと思います。 皆さんがうらやましい🍎

あいつ今何してる ~幌高version~ ④

9月12日、中学生一日体験入学と地域みらい留学365オンラインフェスタが同日開催だったため、フェスは卒業生に対応してもらいました。そのついでに、「あいつ今何している」にも登場することを快く引き受けてもらいました。まずは今年3月に卒業した阿部真心さん。現在は北翔大学生涯スポーツ学部に進学し、体育の教員になることを目指しています。「幌高の先生方をみて、教員になりたいと思った」と超うれしい発言もありました。フェスでも緊張しながら(笑)、幌高愛を熱く語ってくれました。

Q 出身中学校は?
A 旭川市立東明中学校です。兄が通っていたことと、寮生活に憧れがあったため早い段階から幌高に進学することを決めていました。
Q 高校時代の一番の思い出は?
A 寮生活でのイベントです。渓雪寮では寮長を務めていたのでとても思い出に残っています。ただ、クリスマスパーティーは企画を考えるのが大変でしたね。どうやったら盛り上がるか寮役員で話し合うんですが、なかなか決まらない時もあって。焼き肉パーティーは特に企画することがないので大好きでした😋😋
Q あなたにとって幌高の魅力とは?
A 少人数ならではの仲の良さと団結力ですね。他にも幌高は魅力がいっぱいあるので、幌高を卒業して良かったと思っています。
Q 部活は何をしていた?
A バドミントン部です。中学からやっていて、たぶん他の高校に進学していたら続けてなかったと思います。でも幌高で続けたおかげで、定通体連全道大会でシングルスと団体で3位に入賞することができました。
Q 部長をしていて苦労したことは?
A 後輩への指導が大変でした。後輩のほとんどがバドミントン未経験だったので、どういう練習が効果的か考えるのが難しかったですね。あと、やる気が感じられない時の対応も難しかったです。
Q 高校時代の経験が今の自分に生かされていると思うことは?
A クラスで委員長をやり寮長も務めていたので、人前で話す機会が多かったので、その経験が生かされていると思います。
Q 大学ではどんな授業をしている?
A 実技以外はオンラインです。後期の授業が9月末から始まりますが、そこからやっと対面授業になります。実技は男女別に実施しているので、実はまだ女子に会ったことがないんです(笑)。体育の教員になりたいと思って入学したので、頑張って勉強していますよ。
Q なぜ教員を志望している?
A 幌高の先生たちはみんな生徒に寄り添ってくれるので、そういう教師になりたいと思いました。特に保健体育のU先生からは部活や寮で深く関わり、人生について教えてもらえたので尊敬以上のものがあります。
Q 高校生に一言を
A 何事にもチャレンジする心!失敗を恐れるな✊

藤井さんについては明日アップする予定です。
... See MoreSee Less

中学生一日体験入学

9月12日、中学生一日体験入学を開催しました。農生会生徒による学校紹介をした後、そば打ち、収穫、加工のコースに分かれ体験学習を行いました。

そば打ち→本校生徒がマンツーマン指導で初めてのそば打ち体験に挑戦しました。
収穫→農場野菜を収穫した後、その野菜を使ったピザ作りに挑戦しました。
加工→本校のオリジナル商品の一つ、そばパウンドケーキ作りに挑戦しました。

参加していただいた中学生の皆様、保護者の皆様、お越しいただきありがとうございました。
... See MoreSee Less

続きを読む